トップ

買取に関する常識

買取の基礎を覚えよう

不要な貴金属は買取を依頼しよう

家の片隅に眠っている古い感じの貴金属アクセサリーをお持ちの場合は、ほおっておいてももったいないです。もちろんデザインが古いものをつけるというのは、いささか恥ずかしいというように考えられるので、そういった場合には買取をしてもらうのがお勧めです。貴金属専門のお店に持っていくことで、お金に代えられるということにもなりますので、古いアクセサリーや、ちょっと壊れてしまっているようなネックレスや指輪など、もうこの先必要ないなと思えるようなものが、実はごっそりとお宝のように買取店でお金に取り換えられるということにもなります。

貴金属を売る事について

ジュエリーやアクセサリーなどの金やプラチナが使われた貴金属関連の中古商品は、専門の買取業者に査定してもらうと現金化することができます。貴金属は、ブランドに関係なく使用されている金やプラチナの純度と重量が査定額の目安になります。純度は、金の場合は「24K」や「18K」で表示され、プラチナは「PT1000」や「PT950」などで表示されています。数字が大きいほど純度が高くなり、査定額も高くなります。金やプラチナの価格は、日によって相場が変動しますので、なるべく高い相場になっている日に買取業者に持ち込むのがおすすめです。

↑PAGE TOP

© Copyright 買取の基礎を覚えよう. All rights reserved.